銀行でカードローンを一本化できるの?

銀行といえば、お金を預けたり公共料金の支払をしたり、というのが一般的な利用法です。
しかし、銀行のもつ役割とはもちろんそれだけではありません。

 

そんな銀行のもつ役割のひとつが「カードローン」です。

 

カードローンといえば多くの人がアコムやプロミスといった消費者金融業者をイメージされるかもしれませんが、もちろん銀行でもカードローン商品を取り扱っています。
銀行でお金を借りる場合というのは、いわゆる「銀行系カードローン」と呼ばれるものを利用することになり、消費者金融に比べると低い金利で借りることができるという特徴があります。
カードローンなどで借りたお金というのは必ず返済しなければなりませんが、その際には必ず利息を含めて返済する必要があります。

 

利息は適用される金利と借りる金額によって計算されますので、同じ金額であっても低い金利で借りた場合とそうでない場合とでは、トータルで支払う金額も変わってきます。
銀行は低金利で借りることができるという関係から高い人気があるのですが、おまとめローンの利用についても一定のニーズがあります。

 

おまとめローンとは、複数ある借入を一本化するというもので、この一本化するにあたり現在借入を利用しているところよりも低い金利で借り直すことができれば、返済する金額も少なくすることが可能となります。
どうせ借り直すのであれば、少しでも金利が低いところが望ましいということです。

 

ただし、ほとんどの銀行では「おまとめローン」という名前の商品を展開しているわけではありません。
銀行系カードローンであっても消費者金融と同じく使用目的については原則として自由というルールがあります。

 

従って、銀行で複数の借入を一本化するのであれば、まずは銀行で必要な金額でカードローンの申し込みを行い、その分で既存の借入に対して返済を行う、という流れになります。
既存の借入金額に相当する金額を借り入れてから、その後自身で既存の借入に対して完済しておき、後は銀行に返済をすることになりますので、これで事実上一本化することができます。
ここで注意したいのが既存の借入先に対する返済は自身で行う必要がある、という点です。

 

これをしておかなければ、さらに銀行からの借金を背負うだけになってしまいますので、「おまとめローンの利用」という目的でお金を借りたとしても意味がありません。
この「自身で返済を行う必要がある」という点が銀行系カードローンで一本化する場合のデメリットのひとつともいえます。

 

既存の借入先が増えてくればその数だけ返済しなければならず、完済の精算ともなれば直接業者の店舗窓口まで出向く必要がある場合も少なくありません。
とはいえ、これをすることでめでたく銀行で既存借入の一本化ができますので、少し面倒に感じることがあったとしてもやってみる価値は高いといえるでしょう。
低金利で利用できる銀行だけに、一本化した後のメリットも多いので気になる人は一度相談してみると良いでしょう。
>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ