銀行でローン一本化するか?任意整理・債務整理するか?基準は?

現在、日本ではお金を借りるための選択肢がたくさんあります。

 

たとえば消費者金融や銀行などがその代表的なものですが、これらのところから借りる場合、「既にどこかから借りている状態」でさらに別のところから借りることができます。
違った言い方をすればこの状態を「多重債務」と呼ぶのですが、不況が続く日本ではこの多重債務に陥っている人が相当数存在します。

 

そのため、こうした状況を打開するための策をそれぞれの金融業者をはじめ国や自治体を含め様々なルートで取り組んでいます。
消費者金融でお金を借りる際の金額を年収の3分の1まで、と定めた総量規制もこうした取り組みのひとつであり、「借りすぎ」を法律という観点から抑止しようとする動きといえます。
しかし、こうした取り組みが始まったのはまだここ数年のことであり、いまだ多重債務者と呼ばれる人は決して少なくありません。

 

これらの多重債務者の選択肢として考えられるのが、「借金の一本化」と「債務整理」です。

 

どちらもメリットとデメリットがありますので、そうおいそれと選ぶことができないのがこの選択肢の難しいところです。
そのうえで、基本的な選び方の基準としては「借金を返済したいかしたくないか」に尽きるのではないでしょうか。

 

それぞれの方法の特徴についてですが、主に以下のようなものとなります。

・借金の一本化→融資を受けている状態そのものは無くならず、返済先がひとつになる。
・債務整理→融資を受けている状態が無くなるため、返済先も無くなる。

 

こう書くと、債務整理の方が良いと思われるかもしれませんが、その場合に考えておくことはその後の生活についてです。
まず、クレジットカードの新規発行はほぼ不可能となります。

 

クレジットカードの他にもカードローンはもとより住宅ローンなど、各種金融機関からの借入も事実上できなくなると思っておいた方が良いでしょう。
ある程度の時間が経過すればできるようになる場合もありますが、確実にその後の日常生活に影響が出ます。

 

それでも良いからとにかく借金をゼロにしたい、ということであれば債務整理も良いかもしれませんが、その後の日常生活には影響が出ないようにしたい、ということであれば借金の一本化がおすすめです。
これは、いわゆる「おまとめローン」と呼ばれるもので、既存の複数ある借入をひとつの金融機関で借り直して一本化し、返済は借り直した金融機関に対して行います。
おまとめローンの利用先としては、低金利で安心して利用できるということから銀行が良いでしょう。

 

もちろん銀行の他にも消費者金融などでもおまとめローンに特化した商品を取り扱っていますので、こうしたところに相談してみるのも良いかもしれません。

 

おまとめローンを利用するテーマとしては、借金そのものは無くならないかわりに、少しでも返済を楽にするという点にあります。
決して借入しているという状況に変わりはありませんが、返済をきちんと行えばその後の生活にもそれほど大きな影響もありません。

 

>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ

どのくらい借金を減らせるのかシュミレーションしてみる↓

街角法律相談所