銀行でローン一本化するのが向いている人、向かない人

 

おまとめローンを利用するにあたり、銀行のカードローンで一本化したいと考える人はたくさんいます。
確かに銀行といえば低金利で利用できる場合が多く、信頼性や利便性の高さからおまとめローンでは最適な選択肢ともいわれています。

 

ではおまとめローンを利用しようと思っている人なら誰でも良いのかといえば、必ずしもそうとは言えない部分もあります。
銀行で一本化するには向いていない、そんなケースも人によってはあるかもしれません。

 

ではまず、どういった人なら銀行のカードローンで一本化すべきかといえば、たとえば定期預金や個人年金などといった取引を銀行で行っている人が該当します。
日本という国で生きている以上は、銀行と何らかの関係がなければ生きていくことはできないでしょう。

 

たとえば会社員であれば給与の振込先だったり、あるいは公共料金や家賃の引き落とし先など、誰かが何らかの関係を銀行と持っているかと思います。
財布の中には必ずどこかの銀行のキャッシュカードが入っており、必要に応じて銀行でお金をおろしたり預けたりする、これは当たり前のことです。

 

では個人年金や定期預金となればどうでしょうか。
まだ若い人の場合は、そこまでの取引を銀行と行っているという人は多くはないでしょう。

 

また、公共料金の引き落とし先としてメインバンクとしての付き合いをしている銀行があったとしても、定期預金などは利率の高い別の金融機関を利用しているという人もいるかもしれません。
中には公共料金引き落としをはじめ定期預金などの取引まですべて同一の銀行で行っているという人もいるでしょう。
実は、こうした「ひとつの銀行ですべての取引を行っている人」というのがおまとめローンの一本化を銀行で行うのに向いている人です。

 

そこまで密に銀行と取引をしているのであれば、銀行側としてもその人の情報についてはある程度把握をしており、融資の手続きにおいても全く新規の人に比べるとスムーズに進めることができます。
もちろん定期預金と異なり、既存の融資を一本化したとしても金利優遇などが受けられるわけではありませんが、それでも申込手続きがスムーズであることに越したことはありません。
逆に、銀行で既存の借入を一本化することに向いていない人というのは、ひとつの銀行とそれほど緊密な関係にない人であるといえます。

 

銀行との取引は給与振込や公共料金の引き落としぐらいであり、それ以外の取引をしていない人にとっては、銀行でおまとめローンを一本化する意味合いも弱いといえます。
その意味では、こうした人の場合は銀行で一本化する目的も弱く、ただ漠然と低金利だからという理由だけで申し込むことになります。

 

運良くその銀行で審査に通ったとしても、普段から密な取引をしているわけではありませんので、返済が面倒になってくる可能性もあります。
銀行で一本化するのであれば、なぜその銀行でまとめる必要があるのか、こうした点について改めて考えてみることが大切です。

 

>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ

どのくらい借金を減らせるのかシュミレーションしてみる↓

街角法律相談所