銀行のローン一本化は審査は厳しいのか?

 

おまとめローンを利用するにあたり、現在借入を利用しているところよりも低金利で借り換えることができれば、その後の返済金額も少なくなります。
そのため、おまとめローンの利用先として銀行が高い人気があります。

 

いわゆる「銀行系カードローン」と呼ばれるものは、消費者金融に比べると適用される金利も低く、こうした理由から利用を検討する人も多いのではないでしょうか。
ただし、おまとめローンに限らずどこでお金を借りるにせよ、審査に通過しなければ利用することはできません。
特に銀行は低金利で利用できる反面、審査にかかる時間や基準が厳しいという傾向にあります。

 

銀行系の審査は実際厳しいけれど・・・

 

銀行系カードローンでおまとめローンの相談をしたい人にとって気になるのは、本当に厳しいのかどうか、ということではないでしょうか。
確かに既存の複数ある借入を銀行で一本化することができれば、その後の返済も楽になっていきますが、そのためには審査をクリアする必要があります。
銀行でおまとめローンを利用するのであれば「審査は厳しい」という前提で考えておいた方が良いでしょう。

 

そのうえで審査をクリアするためにまず考えたいのは、自身の現状です。
既存の借入の返済状況は審査で必ず確認される項目となりますので、ここに問題がないかを確認しておきましょう。
返済が滞納したことはないか、この部分は審査では特に重視される項目です。

 

既存の借入についての返済がどのような状態なのかについては普段改めて確認することは少ないかもしれませんが、この機会に見直してみると良いでしょう。
返済状況の履歴については、ほとんどの金融業者で確認が可能となっています。

 

なお、既存の借入先に対して返済履歴を問い合わせる場合には本人確認が必要となりますので、身分証明書などを用意しておくと良いでしょう。
もしこの段階で返済が滞納していたことが確認できた場合には、その頻度や回数にもよりますが、銀行で一本化するための審査は難しくなると考えてください。
銀行の多くは消費者金融と異なり「おまとめローン」専用の商品を取り扱っていません。

 

あくまでも「おまとめローン」にも利用できます、という認識であり基本的には通常のカードローンの利用と同じです。
そのため、「3件の借入のうち2件を一本化」といった選択をして手続きができるわけではありません。

 

したがって、3件あったうち1件だけでも返済に滞納があった場合にはそれだけでも審査にはマイナス材料となってしまいます。
当然ながらカードローンの申込をして審査に通らなければ個人情報信用機関にそういった経歴が登録されてしまいます。
返済状況の見直しをして、審査に通る可能性が高い状況であると判断できた場合に申し込むべきでしょう。

 

低金利でカードローンの利用ができる銀行だけに、審査基準は厳しいという前提で考えておくと、その後の展開が見えてきます。
少しでも自分に有利な条件で申込ができるように、審査に通らない可能性はひとつずつつぶしていくようにしましょう。
>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ

どのくらい借金を減らせるのかシュミレーションしてみる↓

街角法律相談所