山形銀行でローン一本化の詳細

山形銀行

 

山形銀行とは

山形県で銀行といえば、都市銀行にも負けず劣らずの勢力をもつ山形銀行を忘れてはいけません。
山形銀行は山形県で一番有名な地方銀行です。

 

もともとは山形県の小さな地方銀行でしかなかったのですが、山形県にあるたくさんの小さな銀行を次々と吸収し、1965年には山形県随一の地方銀行にまで上り詰めたのです。

 

現在では都市銀行を抱える三菱UFJフィナンシャルグループや宮城県で勢力を伸ばす七十七銀行、山形県の山形信用金庫ともいろいろな関係をもち、資金力も信用性も非常に高いものとなっています。

 

店舗としても山形県内のみならず、宮城県、秋田県、福島県などの東北地方はもちろんのこと、北関東の栃木県や南関東の埼玉県、そして首都東京都にも店舗を構えるようになりました。

 

山形銀行が扱う借り換えローン商品

山形銀行が持つローン商品の中で、借り換えローンとして最適なのがフリーローンe-free(エフリィ)のおまとめコースでしょう。

 

フリーローンe-freeは、目的別のローンに中にあって唯一用途が自由であるもので、その中に限定的な商品とし借り換えローン用のおまとめコースが用意されているという形になります。

 

フリーローンe-freeには店舗にて申し込むフリーローンe-freeとWeb上で申し込みを行い、Web上で手続きまですべてを完了させるフリーローンe-free(Web)というものがあり、やはり便利さからすれば、すべて家に居ながらにしてすべてを完結させることができるフリーローンe-free(Web)がいいに決まっていますが、残念ながら借り換えローンとして使えるおまとめコースは店頭で手続きをするフリーローンe-freeでないとできないため、申し込みのパターンとしてはWeb上で仮審査の申し込みを行い、審査が下りたら必要書類を持って、店舗にて手続きをするという形になります。

フリーローンe-free おまとめコースの利用条件

フリーローンe-free おまとめコースには下記のような利用条件があります。

 

・用途:他社ローンの借り換えローンとして使う
・年齢:20歳から完済時に70歳までの方
・収入:安定した収入がある方
・保証会社の保証を受けることができる方

 

といった形になります。

 

フリーローンe-freeは基本的には用途は自由なのですが、その中で借り換えローンとして使うことに特化したフリーローンe-free おまとめコースは借り換えだけのものとなります。
それから収入に関しては安定した収入があればいいので、パートタイマーやアルバイトでもそれに相当する収入があれば申し込みを行うことができます。

 

それと保証会社ですが株式会社JCBとなっているため、JCBの審査基準によって審査が行われることになります。

フリーローンe-freeおまとめコースに必要な書類

フリーローンe-freeおまとめコースに必要な書類は通常のフリーローンe-freeと基本的の同じものとなりますが、借り換えローンとして使うことに限定しているため、特別な書類も必要となります。

 

・本人確認書類:免許証やパスポートなど
・所得証明書類:源泉徴収票や納税証明書、所得額証明書など
・山形銀行の普通口座通帳
・現在の借入しているローンなどの返済予定表や借入額や年利がわかる書類

 

などとなります。
所得証明書類はサラリーマンなど給与所得者であれば、上記のものでいいのですが、個人事業主の場合は税務署が発行している納税証明書や確定申告の控えなどが必要になります。
山形銀行の口座は借入金の振り込みや返済時の自動引き落としに使いますのでその窓口として必須となっています。

 

フリーローンe-freeおまとめコースならでは書類となるのが借り換えをするローンの正式な書類です。

 

後いくら残っているのか、年利は何パーセントなのか、いつ完済する予定なのかがすべて正式な形で記載されているものが必要となりますが、申し込み際には数字が正しいのであれば、メモ書きのようなものでもOKで、審査が通り、書類提出に時点で正式な書類が用意できれば大丈夫です。

フリーローンe-freeおまとめコースの借入限度額と借入期間

借入限度額と借入期間はフリーローンe-freeおまとめコースだからといって特別なことはなく、フリーローンe-free全体で共通となり、

 

・借入限度額:10万円以上500万円以内
・借入期間:6カ月以上10年以内

となります。

フリーローンe-freeおまとめコースの借入利率

フリーローンe-free全体で固定金利を採用していますので、フリーローンe-freeおまとめコースも固定金利となります。

・借入利率:9.8%か13.8%

 

どちらの金利になるかはJCBの審査次第ということになりますが、フリーローンe-freeやフリーローンe-free(Web)ではさらに金利が低い5.8%や4.5%、9%などもあるのですが、フリーローンe-freeおまとめコースは最低でも9.8%という形になるようです。

フリーローンe-freeおまとめコースの返済方法

フリーローンe-freeおまとめコースでは他のフリーローンe-freeと同じ様に毎月元利均等分割返済を採用しています。

 

要するに毎月の返済額は同じで、その内に利息分がだんだん減っていくというものです。
半年に一度のボーナス時増額返済の併用もできますが、その金額は借入金額の1/2以下ということになります。

 

>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ

 

 

どのくらい借金を減らせるのかシュミレーションしてみる↓

街角法律相談所