南都銀行でローン一本化の詳細

南都銀行

 

南都銀行とは

南都銀行は、奈良県の地方銀行で、唯一奈良県内に支店を構える銀行となっています。

 

この銀行の歴史は長く、1934年から奈良銀行としてスタートしており、更に地方銀行によくある大規模な吸収合併などは行ったことがなく、一度だけ大阪貯蓄銀行を合併しただけでほとんど奈良銀行だけに資金力で紺認知に至っていることになります。
ただ、この銀行は奈良県に本拠地を置きながら、銀行としての利益のほとんどを県外から得ているようで、それだけ県外での営業活動に力を入れているということになります。

 

県外といっても東京都や海外をのぞけば、すべて関西地方の府県となりますが、店舗の展開も奈良県の他に大阪府、三重県、京都府、兵庫県、和歌山県、東京都と地方銀行にしては中々手広くやっているようです。

 

南都銀行が扱う借り換えローン商品

南都銀行では住宅ローンや目的別ローン、気軽に使えるカードローンといったローン商品がありますが、この中で借り換えローンとして使えるのがナント・フリーローンです。
このローンはフリーローンというだけあって、使用目的を問わず借入することができ、500万円までという借入限度額を持ちます。

 

申し込みは店舗窓口とインターネットで出来るようになっていますが、インターネットでの申し込みを行っても審査が下りた後の処理はすべて店舗窓口でということになりますので、結局は最低でも1度は足を運ぶ必要があります。
審査自体は南都銀行の関連会社である南都カードサービスかオリエントコーポレーションのよって行われる形となり、金額によって保証会社を使い分けているようです。

 

ナント・フリーローンの利用条件

このフリーローンを使うには下記の条件を満たしていなければなりません。

 

・用途:事業用資金以外自由
・年齢:20歳以上完済時の年齢が70歳以下
・住所:南都銀行の営業エリアに住所を置く方
・収入:安定した収入がある方
・南都カードサービスやオリエントコーポレーションの保証を受けることができる方
・ナントポイントサークルに加入している方、または加入できる方

 

ナントポイントサークルとは南都銀行での取引を行うごとにポイントがつき、そのポイントのたまり具合のよって、ATMの手数料が無料になったり、住宅ローンの繰り上げ返済時の手数料が無料になったり、貸金庫の利用料が半額になったりという、いわゆるポイントカード的なものです。
入会するにはお金はかからず申込書を書くだけですので、特にデメリットもなく、入会しても何ら問題はないでしょう。

 

ナント・フリーローンに必要な書類

ナント・フリーローンを利用するには以下の書類を提出する必要があります。

 

・本人確認書類:運転免許証・またはパスポートなど
・収入証明書類:源泉徴収票、個人事業主の方は昨年度分の確定申告書の控えなど
・使い道を証明する書類:返済予定表や借入明細書など

 

使い道を証明する書類は借り換えローンとして使う時だけ必要になります。
それ以外にも場合によっては住民票や自宅における光熱費の領収書などの提出を求められることがあります。

 

ナント・フリーローンの借入限度額と借入期間

・借入限度額:10万円以上500万円以内
・借入期間:最長10年

 

借入期間は、借入金額によって、細かく設定されており、最大では10年ということになっていますが、実際には下記のようになります。

 

・借入金額が10万円以上300万円未満の場合:6ヵ月以上7年以内
・借入金額が300万円以上500万円以内の場合:6ヵ月以上10年以内

 

ナント・フリーローンの借入利率

南都銀行は変動金利を採用していることが多いため、このナント・フリーローンも同様に変動金利となります。金利を決定するのは毎年4月と10月で、その時に決められた金利が7月からと1月からの返済分に適用される形となります。
2016年5月時点での金利は

 

・年5.875%、または8.175%

 

となっており、申し込み時の審査によってどちらの金利を適用するかが決められます。

 

基本的には借入金額によって決められることになり、おおむね300万円という借入金額を境に借入金額が多い場合は5.875%、それよりも低い場合は8.175%といった感じになるようです。
ただ、それ以外にも借りる方の信用度や年収も影響してくるため一概には言えません。

 

ナント・フリーローンの返済方法

ナント・フリーローンの返済は元利均等毎月返済方法によって決められた返済額を毎月返済していくことになります。

 

この返済方法は、毎月定額の返済となりますが、返済回数が増えるごとに元金に充当する分が増えていくことになりますので、最初はあまり元金が減っていかず、なんとなく不安になることもありますが、次第に元金充当分が増えていきますので、きちんと返済していけば間違いなく返済できますので安心していいでしょう。
もしできるだけ短期間で返済したいと思っている場合は半年ごとのボーナス増額を使えば、借入金額の半分以下の金額を一気に返すことができるでしょう。

 

ちなみにこのローンでは基本的に繰り上げ返済はできませんので、早く終えたい人はボーナス増額払いをうまく活用する必要があると思います。

 

>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ

どのくらい借金を減らせるのかシュミレーションしてみる↓

街角法律相談所