京都銀行でローン一本化の詳細

京都銀行

 

京都銀行とは

京都府は地方銀行が少ないことで知られている土地ですが、その土地で都市銀行と真っ向勝負する形で運営されているのが京都銀行です。

 

この銀行は過去にあった両丹銀行、宮津銀行、丹後商工銀行、丹後産業銀行の4つの銀行が合併したことによってできた丹和銀行の京都支店が独立する形で出来たというちょっと珍しい形で出来た銀行です。
規模としては都市銀行や京都では絶大なる威力を持つ信用金庫などにおされてあまり大きくはありませんが、資金力は高く、融資やローンに関しても比較的融通が利く銀行でもあります。

 

店舗展開は、京都府内に111店舗、続いて多い大阪府に30店舗、滋賀県に13店舗、兵庫県に8店舗、奈良県に7店舗、そして愛知県と東京都に1店舗ずつといったように関西地方を中心に支店を持っています。

 

インターネットバンキングも積極的に採用しており、更に提携ATMもセブン銀行ATMやローソンATM、イーネット、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行など手を結んでいますので、全国規模で利用することができる銀行となっています。
ただ全国的といってもローンを利用するに際にはこの京都銀行の普通口座を持っていなければならず、それには本店、支店の営業範囲内でナイト口座を作ることが原則的にできないため、ローンの利用はある程度地域制限が出てきてしまうでしょう。

 

京都銀行が扱う借り換えローン商品

京都銀行の扱うローン商品の中で借り換えローンとして使いやすいのは、京銀フリーローン・グッドサポートという商品ではないかと思います。

 

このローンは、借り換えローンとして以外にもいろいろな目的に使うことができ、更に比較的限度額が高いこともあって、広い範囲に使えるものとなっています。
申し込みはインタ―ネット上にある京都銀行のWebサイトか店舗窓口が選べます。

 

しかし、インターネットを通してできるは仮審査の申し込みだけとなり、仮審査の結果を聞くところからは電話や郵送を使い、本契約に至っても書類の店舗提出や郵送が必要となります。
ですので、どちらかといったら必要に駆られて急いでお金を借りるというものではなく、計画的に借り換えを使用という方に向いているのかもしれません。

 

京銀フリーローン・グッドサポートの利用条件

・用途:事業用資金以外はすべて自由
・年齢:20歳以上完済時の年齢が76歳未満
・収入:安定しており継続的な収入がある方
・口座:京都銀行に普通口座を持っている方、またはこれから作ることができる方
・保証:オリックス・クレジット株式会社の保証を受けることができる方

 

収入に関しては安定した収入があればパートタイマーやアルバイトでも申し込むことができます。

 

ただし、派遣社員、契約社員を含めて借入限度額は30万円までという形になります。
それから普通口座ですが、これから作る場合は本店・支店の営業範囲内に住所や勤務先がある方だけしか作れませんので、そこから外れる場合は申し込みをすることができません。

 

京銀フリーローン・グッドサポートに必要な書類

必要書類は以下のものとなります。

・本人確認書類:運転免許証・またはパスポートや健康保険証
・収入証明書類:源泉徴収票、個人事業主の方は昨年度分の確定申告書の控え
・使い道を証明する書類:返済予定表や借入明細書など

 

収入証明書類は借入予定額が300万円以上、個人事業主の場合は100万円以上の場合のみ必要となります。
使い道を証明する書類は前年の年収と借り入れ申し込み金額によって必要となる場合があり、個人事業主の場合は必要となります。

 

京銀フリーローン・グッドサポートの借入限度額と借入期間

・借入限度額:10万円以上500万円
・借入期間:6か月以上10年以内

 

500万円、10年間という条件は借り換えローンとしても無理なく使えると思います。

 

京銀フリーローン・グッドサポートの借入利率

京銀フリーローン・グッドサポートの金利はすべて変動金利となり、4月と10月の半期ごとに利率の見直しをおこない、6月と12月から新しい金利での利息計算がされることになります。

 

2016年5月現在では・・・

・年4.675%
・年6.675%
・年9.675%
・年12.675%

 

となっており、審査によってこの中から適正と思われる金利が設定されることになります。

 

京銀フリーローン・グッドサポートの返済方法

返済方法は、よくある元利均等毎月返済方式を使います。

 

従って、毎月返済額は一定で、その金額内の内訳がだんだん元金寄りになるといった仕組みとなっています。

 

半年ごとのボーナス増額返済も行っていますので、併用することによって利息を減らすことができるでしょう。繰上返済も行うこともできますので、あわせて使うことで利息をより一層少なくすることができるかと思います。
このローンでは事務手数料がすべて不要となっていますがこの繰上返済に関しても手数料なしで行うことができるのはうれしい限りです。

 

>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ

どのくらい借金を減らせるのかシュミレーションしてみる↓

街角法律相談所