自営業でも銀行でローン一本化できる?

自営業者

 

借金においてなにかと違う扱いをされがちな自営業、自営業はサラリーマンのように私生活と仕事が全く違う次元にあるものとは全く逆で、仕事の中に私生活がある、私生活の中に仕事あるといった非常にあいまいな環境下にあるものです。

 

特に株式会社や有限会社などの法人ではなく、いわゆる個人事業主といった形で運営している場合はなおさらそういった傾向が強くなるでしょう。
実はこの部分は「自営業はお金を借りるのが難しい」といわれるようなった理由なのです。

そもそも自営業はお金を借りるのがむずかしい?

サラリーマンがお金を借りる時というのは十中八九、個人のためにお金借りることになりますが、自営業を営んでいる方の場合ですとサラリーマンにはない金銭が存在します。
それが事業用資金というものです。

 

これは要するに仕事のためのお金、個人経営の会社を運営していくためのお金で、会計上も個人用と事業用で明確に分けなければならないとされています。

 

この事業用資金をローンなどを組んで借りるのが少々面倒で難しくなっており、お金を借りようとしてもなかなか審査を通らず、お金を借りることできないといったことが多くなっているのです。
事業用資金を借りるためには自営業用のローンやビジネスローンなどといった事業用資金を借りるための専用のローンを組む必要があります。

 

この事業用のローンは必要書類も個人向け必要書類よりもたくさん用意しなければならず、その中にはその会社や個人事業主の状態を知ることができるようなものも含まれています。

 

事業用資金として借りるということはその会社形態や事業形態から返済されていくことになりますので、個人経営の会社や個人事業主の状態の健全性が評価されることになるのです。
もちろん、お金を借りなければならない状態になっているので、はっきりいって経営としてはいい状態ではないはずです。

 

その中からお金を貸す側は「継続的に返済してくれるのかどうか」を判断するわけですので、いい結果に結びつくことも容易ではないのです。

 

実はこれが「自営業がお金を借りることは難しい」といわれるゆえんであって、正確には「自営業が事業用資金を借りることが難しい」ということなのです。

事業用資金でない場合は?

自営業を営む方がお金を借りることが難しいのはあくまでも事業用資金を借りる時の話です。

 

では、個人的に旅行に行くときとか、何かを購入するときに使うお金を借りる時も同様に難しいことなのでしょうか?
答えはいいえです。
自営業者であろうがサラリーマンであろうが私用目的のためにお金を借りるということは全く同じことです

 

ただ、ローンを組むときに提出する書類に多少の違いがあり、サラリーマンのように給料明細書があるわけでもありませんので、確定申告書類などの収入証明書類が必要になるといった違いはありますが、自営業だからといって審査が厳しくなるわけでもありませんし、それによるデメリットもありません。
銀行側や信販会社側も特別に厳しい対応をするということにしている訳ではありませんので、それほど難しいことではなく、ただ、単に個人用の資金として借りるということを明言さえすれば、サラリーマンがお金を借りるのと同じことと思っていいでしょう。

借金の一本化は?

 

お金を借りることができるので、もちろん借り換えローンやおまとめローンといった複数の借金を一本化することも可能です。
サラリーマンと同様に申し込み手順を追っていけば何ら問題なく、借金の一本化をすることができるでしょう。

 

しかし、借り換えローンやおまとめローンというものでも事業用資金と個人用の資金とを明確にする必要があるでしょう。
もちろん借り換えをする既にある借金も事業用資金の性質を持っているものは借り換えに対象とはならならないため、それを含めた形で借り換えローンやおまとめローンを申し込んでも審査で引っかかってしまうことでしょう。

 

例えば、

・銀行系個人向けローン 100万円
・信販系個人向けローン 50万円
・クレジットカードキャッシング 30万円
・事業者向けローン 500万円

 

といった借金がある方がいるとします。

 

このうち個人的なお金として借りているのが

 

・銀行系個人向けローン 100万円
・信販系個人向けローン 50万円
・クレジットカードキャッシング 30万円

の3つで合計180万円となります。

 

この3つの借金に関しては借り換えローンやおまとめローンというものを使って、一本化することができますが、最後にある事業用ローンを含めた形ですと間違いなくお断りされることになります。

 

しかし、それでも今まで4カ所に返済をしていたものが個人向けの借金を一つにまとめ、個人向けと事業者向けの2つの集約することができるのですから、これは大きなメリットになります。
もちろん毎月の返済額も低くなるでしょうし、場合によっては返済総額も安くなるかもしれません。

 

結論としては自営業でも借金の一本化をすることはできますが、事業用資金の性格があるものに関しては対応していないということになります。

 

>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ

どのくらい借金を減らせるのかシュミレーションしてみる↓

街角法律相談所