派遣社員でも銀行でローン一本化できる?

派遣社員

 

派遣社員は何かといろいろ言われている働き方です。

 

そういったように言われる理由は派遣社員は正社員と違って、契約期間が非常に短いからです。
これはお金を借りる時にもいろいろ言われます。

 

「派遣はいつ仕事がわからないからローンが組めない」
とか
「不安定な派遣社員では借り換えローンやおまとめローンなどを組むのが難しい」

 

などと、派遣社員ではあたかもローンを組むのがむずかしい、借り換えローンやおまとめローンを使うことができないようなニュアンスにとられることが多いのですが実際にはどうなのでしょうか。

派遣社員というもの

派遣社員は働き先である企業との間で雇用契約を締結するのではなく、派遣会社と呼ばれる企業との間で契約を結び、その派遣会社から実際の働き先に派遣されるという形をとります。

 

いわば派遣会社が仕事の斡旋人でその斡旋先で正社員と同じように働くということになります。

 

しかし、働き先では働きでない時だけ派遣社員を派遣してもらうという考え方でいるため、必要でないときは、余計な人件費を払いたくないので来てもらいたくないわけです。
とはいってもいきなり
「今日は来なくていい」
とか
「明日からしばらく来なくていい」
といったことはできない訳です。

 

しかし、無駄な人件費を払うことをできるだけ防ぎたいものですから、派遣会社との契約も例えば3か月ごととか半年後といった比較的短期間であることが多いのです。

 

もちろん契約を更新すればそのまま同じところで働き続けることはできますが、働き先から契約期間満期の時に契約の更新をしないといわれた場合は、その段階で仕事先を失うことになります。
もちろん派遣会社も間髪入れずに次の派遣先を見つけてくれますし、できるだけ途切れないような形にしようとしてくれますが、仕事との相性や条件が合わないことが多く、しばらく間仕事ができないといった異なる可能性があります。

 

銀行から見た派遣社員

銀行からお金を借りる、借り換えローンやおまとめローンを使うとなると、銀行側の考え方が重要になります。

 

銀行側としてはいかなる職業であっても貸したお金を利子を含めた形できちんと計画通り返済してくれればそれでいいわけです。

 

そうするには継続的に働き、途切れなくお給料をもらうことができる正社員がいいわけで、短期間雇用でいつ何時契約を打ち切られ、収入が全くない状態になる可能性が高い派遣社員はあまり有難くありません。
それに銀行はお金を貸す時に職業にランクを付けています。

 

ランクの高い順番に

・弁護士、医師などの士業
・公務員
・正社員
・契約社員
・派遣社員
・個人事業主
・アルバイト・パートタイマー
・無職

 

としており、その中で派遣社員は契約社員より下、個人事業主よりも上という位置にいます。

 

契約社員以下のものは、世の中ではお金を借りることが難しいとされる職業とされるものです。
ただ、無職のように全く主乳がないというわけでもありませんし、定職についていないとされるアルバイトやパートタイマーより儲けのランクにいるということになりますので、派遣社員をそれほど低いランクとして見ているわけではないようです。

派遣社員でも借り換えできる

こういった銀行側の思惑と世の中の派遣社員に対するイメージから、

 

短期間雇用→収入が不安定→返済が苦しくなる→未払いが発生→銀行側が貸したがらない

 

といったように思われています。

 

確かにこういった流れは正しい考え方なのかもしれませんが、実際には正社員のサラリーマンとほとんど同じ条件でお金を借りたり借り換えローンやおまとめローンを使うことができます。

 

そもそも銀行側としては貸したお金を返してくれればいいわけで、その判断として派遣社員か正社員かということは一応、職業を判断材料として利用しますが、それはさりとて重要なことでなく、きちんと返済し続けてくれる返済能力があるどうかの方が重要なことなのです。

 

とりあえずは年収です、年収をベースにして、それに職業的な不安定さを加味する、そして更に勤続年数も踏まえるといった形で審査しますので、いきなり派遣社員だから、どんなに年収が高くても審査が下りないということはありません。
派遣社員だからといって必ずしも返済能力があるわけではないということでもありませんし、返済が滞るということになるということではありません。

 

それなら正社員も同じです、いつクビになるかわかりませんし、いつ会社が倒産するかわかりませんので、派遣社員とたいして変わりません。
ただ、派遣社員の場合は個人的なデータの他に登録している派遣会社の規模や実績などが大きく影響してくるようです。

 

例えば、全国的に名の知れている大手派遣会社であれば、例え派遣の契約が満了になってもすぐに次の派遣先を紹介してくれるでしょうし、営業力によっていい条件で働けることになります。

 

一方、零細企業レベルの派遣会社では、派遣先の確保量も少ないですし、大手に押されてしまい金銭的にいい条件の派遣先なども見つけることができないでしょう。

 

派遣社員の場合は派遣契約の継続力がどれだけあるかということがとても重要であって、それすなわち継続的に返済することができるのかどうかということに繋がってくるのです。
ですので、場合によっては小規模な派遣会社に登録している場合ですと審査をクリアできない場合もあるということになります。

 

ただ、こういった状況が全ての派遣社員に該当するわけでありませんので、派遣社員でもローンを組むことはできますし、借り換えローンやおまとめローンを組んで、借金の一本化をすることも可能です。

 

>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ

 

どのくらい借金を減らせるのかシュミレーションしてみる↓

街角法律相談所