三菱東京UFJ銀行カードローンで一本化の詳細

三菱東京UFJ銀行カードローン

 

三菱東京UFJ銀行とは

メガバンクの一つであり、誰もが知っている銀行がこの三菱東京UFJ銀行です。

 

この銀行は長い銀行名が表すようにたくさん銀行の吸収合併などを繰り返して作られたところです。
まずは三菱銀行が東京銀行を吸収して東京三菱銀行へ、それから三和銀行と東海銀行の合併でUFJ銀行ができました。

 

そしてこの東京三菱銀行とUFJ銀行の合併で、現在の三菱東京UFJ銀行ができたというわけです。

 

三菱銀行、東京銀行、三和銀行、東海銀行が一つになってできた銀行ですから店舗数もその範囲も他の都市銀行と比べてかなり多く、広くなっています。
当然ですが資金力のかなりあり、三菱御三家の一つであることからも多額のローンを組むにあたっても安心できるのではないでしょうか。

 

三菱東京UFJ銀行が扱う借り換えローン商品

三菱東京UFJ銀行には住宅ローをはじめとするいろいろなローンがありますが、その内借り換えローンとして気軽に使えそうなものとなるのがカードローンのバンクイックという商品です。
バンクイックはその名のとおり短期間で借り入れをすることができる商品で、審査だけなら最短で30分でできるといわれています。

 

申し込み方法も店舗や店舗に設置されているテレビ窓口の他にインターネット上でもできるようになっています。
ただ、審査が下りた後の契約はインターネット上で行うことができませんので、各店舗やテレビ窓口がある施設まで足を運ばなければなりません。

 

ただ、店舗やテレビ窓口で申し込みをし、必要となる書類が用意できているのであれば、一度足を運ぶだけで借入することができます。
インターネット上で申し込んだい場合でも店舗やテレビ窓口ときちんと連携が取れていますので、契約手続きは簡単に済みますので、それほど時間がかかるというものではないようです。

 

バンクイックの利用条件

バンクイックを申し込むには以下のような条件があります。

 

・用途:事業用資金以外は自由
・住所:国内在住の方
・年齢:20歳以上65歳未満の方
・収入:安定した収入がある方
・保証:アコムの保証を受けられる方

 

さすが最大手の都市銀行です。

 

地方銀行のように地域を指定するのではなく、日本全国に住んでいる方であれば申し込めるという形になっています。

 

収入に関しては、給与所得者、自営業者などの他にも収入がある学生、夫に安定収入がある専業主婦でも申し込むことができます。
ただ、保証会社が消費者金融のアコムが行っているので、銀行のローンだとしても過去にアコムで何かしらのトラブルがある場合は審査に影響が出るかもしれません。

 

バンクイックに必要な書類

バンクイックは、基本的に

 

・本人確認書類:免許証やパスポート

 

があれば契約することができるものですが、借入金額が100万円を超える場合は別途、収入証明が必要になります。

 

・源泉徴収票
・納税証明書
・確定申告の控え
・税務署の納税証明書

 

100万円を超える金額を借りようとしている場合は上記のような収入証明を用意しておきましょう。

 

バンクイックの借入限度額と借入期間

・借入限度額:10万円以上500万円以内
・借入期間:1年ごとの更新

 

となります。
借入限度額はよくあるこういったローンと似たり寄ったりのものとなりますが、最初の借り入れに関しては10万円単位となりますので、細かく借りたい場合は注意が必要です。
ただ、このバンクイックは借り換え用のローンではなく、単なるカードローンですので追加で借り入れることができ、その時の単位は10000円となりますので、枠だけ取っておいて、後から細かく借りるということも可能だと思います。
借入期間はカードローンという性質上、何年後まで返済という形ではなく、毎年審査を踏まえた形で更新することになります。

 

バンクイックの借入利率

バンクイックは変動金利で、設定された借入限度額によって金利が設定されいます。

 

2016年5月現在で

 

・10万円から100万円まで:12.6%から14.6%
・100万円から200万円まで:9.6%から12.6%
・200万円から300万円まで:7.1%から9.6%
・300万円から400万円まで:6.1%から7.1%
・400万円から500万円まで:4.6%から6.1%

となります。

 

バンクイックの返済方法

バンクイックの返済方法は少し特殊なやり方を用います。

 

借入残高に応じて最低返済額が2000円から設定されており、それを毎月返済していけばいいといった仕組みになっています。

 

しかし、返済したお金は利息分を優先して充当されていきますので、返済としては正常な返済であっても元本がなかなか減らないといったことになりますので、できるだけ最低返済額以上のまとまった金額を返済した方がいいでしょう。
返済するタイミングは毎月指定した期日での三菱東京UFJ銀行口座からの自動引き落としと35日ごとにATMや振り込みなどによって返済する方法があります。

 

 

>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ

どのくらい借金を減らせるのかシュミレーションしてみる↓

街角法律相談所

関連ページ

東京スター銀行でローン一本化の詳細
東京スター銀行でローン一本化する場合の詳細をお伝えするページです。
スルガ銀行でローン一本化の詳細
スルガ銀行で一本化する場合の詳細をお伝えするページです。