ローンを銀行で一本化できない理由とは?

借り換えローンやおまとめローンは、申し込めば必ずお金を借りることができるというものではありません。

 

他のローンやキャッシングを行う時のように審査というものがあり、それをクリアしないとお金を借りることができません。
ですので、中には申し込んでも断られることもあります。

 

断られるということは、借り換えローンやおまとめローンにそぐわない条件を持っているということであって、それを克服してからでないと何回申し込みをしても断られることになるでしょう。
では、断られる要因となりうるものを見ていきましょう。

 

借り換え金額と借入件数

まず一番顕著に出るのが、借り換え金額と借入件数です。

 

借り換え金額というのは要するに借り換えローンやおまとめローンで借りる金額ということで、通常のローンなどの借入額に相当するものです。
他のローンでもそうですが、借りる金額が多ければ多いほど審査はおりにくくなるものです。

 

貸したはいいが返済が滞ってしまっては銀行としては困るわけで、収入や職業などからこの人が返済できる能力がどれくらいあるかということを判断し、その金額よりも借り換え金額が低ければ、審査をクリアさせますが、それよりも高い金額ですと、間違いなく審査をクリアすることができません。
要するに社会的に見たあなたの能力よりも高い金額を借り入れようとすると必ず断られるということです。

 

それから、借入件数ですが、これも多ければ多いほど審査をクリアしにくくなります。

 

借り換えローンやおまとめローンを利用しようとしているので既に複数の借り入れがあると思いますが、ここで気を付けていただきたいのが借入金額よりも借入件数の方が優先されるということです。
例えば下記のような借り入れをした人がいたとします。

 

Aさん

 

・信販会社:50万円
・クレジットカードキャッシング:20万円
・消費者金融:10万円

 

合計80万円の借り入れ

 

Bさん

 

・信販会社A:10万円
・信販会社B:20万円
・信販会社C:10万円
・クレジットカードキャッシング:20万円
・消費者金融A:10万円
・消費者金融B:10万円

 

合計80万円の借り入れ

 

この例ではどちらも80万円の借り入れをしてそれを一本化しようとしているわけですが、同じ80万円でもAさんは3社からの借り入れ、一方Bさんは6件からの借り入れとなっています。

 

この時金額からすればどちらも同じ条件なので審査も同じような形で行われるだろうと思ってしまいますが、実はAさんの方が審査をクリアしやすい状態にあります。

 

要するに借入件数が少ない方が有利だということです。

 

例えば、Aさんの場合は50万円を信販会社1件から借り入れていることなっていますが、これは信販会社側がAさんは50万円貸しても大丈夫という信用があるということなのです。
そうしてみるとBさんは最大で20万円がいいところで、信販会社3件を使っても50間年借りることができない状態です。

 

ということは信販会社がBさんを最大で20万円ぐらいしか貸すことでない信用しかないと判断しているのです。
借り換えローンやおまとめローンを行う銀行もこの信用を元に判断することになっており、50万円貸しても大丈夫なAさんと20万円しか貸すことができないBさんでは見方が変わってくるということになります。

 

事故情報

これは借り換えローンやおまとめローン以外でも適用されます。

 

要するに今まで長期にわたる滞納をしていたり、踏み倒しがあったり、債務整理などを行った場合に最長で10年間、該当する信用情報機関に事故者として登録され、登録されている期間中は新たにローンが組めなかったり、借金をすることができないというものです。

 

ただ、借り換えローンやおまとめローンを使うということは既にお金を借りているわけで、事故情報がある場合はそれすらもできませんので、それらの借金をした後に長期にわたる滞納などがあった場合ということになります。
これが1回でもあると借り換えローンやおまとめローンを利用することはできません。

勤続年数

勤続年数も通常のローンを組むのと同じように評価されます。

 

当然ですが、高い収入を得ることができる長く勤めている方がいいに決まっていますが、審査では高い収入よりも安定性を見ることになります。
若い時からずっと同じ会社に勤めている方と一年ごとに仕事を変えているような方ではどちらが社会的に安定しているでしょうか。

 

もちろん一つの会社にずっと務めている方の方が安定していると思われます。

 

例えば、今借り換えローンを組んだとしても、ずっと長い間務めている方であれば、今後も転職をする可能性は低いですが、数年ごとに仕事を変えるような方ですと借り換えローンを組んだはいいが、その後会社を辞めてしまい、一時的に返済が滞ってしまうかもしれない、逃げられてしまうかもしれないという危険性があり、そういったことになる可能性が高いため、どうしても疑いの目をぬぐいきれないのです。

 

それからやはり人間性も疑われます。

 

ずっと同じ会社で働いている方は忍耐力もあり、返済もこつこつと行ってくれるだろうといった見方ができますが、ちょっとした不満があるだけで簡単に仕事を辞めてしまうような方はやはり長期にわたるローンの返済も途中で断念してしまい、滞納や自己破産などをしてしまうのかもしれないと思われてしまうのです。

 

通常のローンでも3カ月や半年以上の勤続年数がなければローンを組むのは難しいということが言われていますが、借り換えローンやおまとめローンでは金額が大きくなることが多いのでより一層厳しくなります。
せめて1年以上の勤続年数は必要かと思います。

 

多重申し込み

意外とやってしまうのが多重申し込み、要するに短期間に複数の借り換えローンやおまとめローンの申し込みを行ってしまうというものです。

 

この多重申し込みを行う背景には、確実に借り換えローンやおまとめローンを組みたいということの他に、自己判断からローンを新たに組むのが難しいであろうということで藁にもすがる思いでたくさんの申し込みをし、どれか一つでも審査が通ってくれればいい、といったものもあります。
実は銀行としてもこういったことをとても嫌います。

 

自己判断でローンが組むのが難しいと判断したということはそれなりのリスクがあるわけで、それを承知で申し込んでくる方に対して、簡単にお金を貸すことはできないということです。
一か月に3社以上申し込みは、記録に残ることにもなりますので、これも審査の弊害となることでしょう。

 

>>ローン一本化は銀行をおすすめする1番の理由って?トップページへ